【クレヨンしんちゃん】大人帝国が好き!!【映画】

クレヨンしんちゃんはもう24年も映画やってるんですね。

驚き!!

 

「サボテン大襲撃」は興行収入22.9億だったんだとか。

 

もうすごいなー。の一言に限りますね。

 

そんな私がクレヨンしんちゃんで一番好きな映画は大人帝国です!!

 

そんな大人帝国の魅力を今回は語らせてください。

 

一言で言うとこんな作品

 

一言で言うと、「笑いあり!涙あり!懐かしさあり!!!」

 

これに限ります!!

 

一言でいってしまうとなんか薄っぺらい感想だなーって思ってしまうのですが、本当にそうなんです。

 

っていうか、この3拍子揃ってるのにも関わらず

それぞれの要素がバランスよく割合がとれているんです。その良さを一つづつ語って行こうと思います。

 

笑いあり

まず笑えるポイント。

個人的には大人達が帝国に行ってしまって、子供だけが残された後。

かすかべ防衛隊が逃げまとうあのシーンが大好きなんですけど。

 

とくに好きなのはまさお君のターン。

 

びくびくしながらハンドルを握るまさお君。

でも少しハンドルまわして追っ手の車を突き落とすとスイッチオン。

「ぶっ飛ばすぜ!!ベイベーー!!!」

 

あの豹変シーンが本当に面白い!

 

その後も「あらよ!」といってガンガン追っ手をまくまく。

 

ホントまさおくんのあのシーン好きだわー。

 

後その次がひろし&みさえの乗った車が来た時。

魔法少女ーみさりん☆」

 

って思いっきり魔法少女まね。

それを無表情でスルーするしんちゃんもさすがw

 

そのあと、組長園長先生がバスに上って

「あはは僕のバス!!」

っていって表示看板にぶつかるとことか好きです。

 

あともう一つ。

正気を戻した野原一家。

懐かしいにおいを充満させないためにタワーへ向かい追っ手から逃げるシーンで鉄骨へ逃げるシーン。

 

そこでまぁ、戻るぞ!!ってところでしんちゃんの発言

「おじさん達!母ちゃんのケツ、デカいんだからどいてよ!!」

 

ドン!!

 

「ケツデカいしお便秘5日目なんだぞ!どいてよ!!」

 

ドン!!

「母ちゃんのケツ「ケツケツ言うなーーー!!」」

 

っていうあのシーン。

始めてみた時、大爆笑でした。

 

いや、今見ても笑います。

 

これ、映画館で見たらもっと面白かったんだろうなー。

映画館で見たかった…。(当時見れなかった><)

 

スポンサードリンク

 

泣けるシーン

これはもう、いろんなところで語り継がれていますが、ひろしの回想シーンをおいて他に無いでしょう。

 

子供の頃はしんみりするシーンって苦手だったんですが、最近しっかり見直してみたらもうボロッボロ涙が…

 

ヒロシの子供の頃から、今現在の回想がずらーっと流れてくるんですよね。

なんか上手く言えないんですけど、なんて言うんですかね…

でもなんか感情の波が…こういう人生を過ごして、みさえと出会って、しんちゃんが生まれて、ひまわりが生まれて、家が出来て、家族と過ごして…

幸せの毎日。

その回想がホントにぐっと来ました。

 

あとしんちゃんの「父ちゃんは父ちゃんなんだよ…」のセリフがよかった。

 

 

なにより懐かしい!!

もうこの作品全体に言えることなのですが、もうすごく懐かしい!!

 

私はしんちゃんの親世代とは少しずれてる、というか、当時は子供側。

だから子供側の気持ちで見てて、もう爆笑してた訳ですよ。

だから、映画の中で「懐かしい」って行ってる物は何一つピントはこないんですけど、

でも大人になってから見直してみると、懐かしいと思う物は違っても、懐かしいって気持ちがすごく分かるようになったんですよね。

 

やっぱり昔はまってたアニメとか見るとなつかしいなーとか思うんです。

 

そもそも大人帝国自体が子供の頃映画(ビデオ?)を見た私に取って懐かしい作品な訳ですから。

 

だからすごくわかるなーというか。

 

私も大人になったなーというか。

いや、年取っただけかw

 

ということで、大人帝国の魅力は

子供の頃は大爆笑!

大人になったら懐かしくて感動の作品!

年を取るに連れて視点が変わりながら見られる大人帝国!!

 

一粒で二度おいしい作品です!!

 

見たこと無い方は是非見てみてください!!