読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅみパイ!

アニメにゲーム、声優から、バラエティ、食べ物まで!趣味いっぱい!!趣味全開!!同じ趣味の人は語りましょう!!

ONE PIECE FILM GOLDのネタバレ感想

2016 映画 感想 ワンピース

今週のお題「映画の夏」

 

夏休み期間ということで、ONE PIECE FILM GOLDを見て来ました!! 

トランプと777巻入場特典でいただいて来ました!!ヤッフー!!

 

今回すごいですね、まず数字のお話なんですけど、

7/23~8/2で

動員数約188万人、興行収入25億

という数字をたたき出していますね!!

 

この夏最速の数字だそうですね!!

しかも総監督が作者尾田栄一郎先生ということで!期待も上がりますね!!

 

ということで感想の方を書いていきたいと思います!!

 

 

あらすじ

麦わら海賊一段は、政府公認の独立国家、世界最大のエンターテイメントシティーである

グラン・テゾーロへやって来ます。

 

グラン・テゾーロは文字通りの黄金の国

町の中すべてが黄金、中に入る時も金粉がまるで紙吹雪のように降ってくる

テンションが上がりまくる麦わらの一味達。

 

中に入ると、テゾーロのダンス、カリーナの歌、踊るダンサーの女性達。

もう煌びやかなショータイム!!!

 

感動していると、もう一隻海賊船が入って来て絡まれ戦闘開始

一人ずつスポットが当たって、名前と賞金金額がバンっとでてくる演出

(ここカッコイイ!!!)

 

そして、難なく勝って上陸(乗船?)すると、

 

 コンシェルジュとしてバカラが麦わらの一味と接触。

 

有名な海賊団としてvip対応でカジノへご招待。

そこで遊びまくる一行はまあ見事に勝ちまくる。

 

ある程度勝って儲かりまくりのところで、バカラがさらにワンランク上のカジノへ招待する…

 

 感想

さて、感想なのですが(ネタバレ豊富にいきます)

 

OPがすごくきらびやかでカッコいい!!

ダンスにこだわりがあるのが感じられますね!!

ちょっとカメラワークがうるさい感じはありますが、カジノっぽい煌びやかな描写と迫力はすごいです!!

 

あと麦わらの一味が戦ってる時に名前と賞金額がバーン!!と出る演出が好きです!!

 

あと、カジノのシーンが自分たちもカジノやってる。もしくはレースをやってるって感じで一緒に楽しめました!

4Dを意識した作りなんでしょうね、カーレースのシーンなんかアトラクションに載ってる感覚を味わうことが出来ました!

2Dでしたが、それでも十分楽しめました!!でも4D見てみたい…

 

あと、テゾーロの能力はやっぱり黄金ですよねw

見た瞬間分かりましたw

 

後戦闘シーンのギャグが面白かったw

ラキラキの実が厄介すぎる。相手の運吸い取って、自分の運に使うとか!!!

運を吸い取り、得た運を使ってコイン一つで、

まるでピタゴラスイッチのような流れで戦うスタイルに爆笑ですw

でも何度やられても立ち上がれるウソップ・チョッパー・ブルックってすごいなw

 

あと演技はちょっと気になったけど、ポニテのカリーナかわいかった!!

 

全体的な評価としては、何も考えずにテンションだけで見る分にはめちゃくちゃ面白かったです!!

 

序盤では煌びやかなダンスショーを楽しめて、

カジノのシーンでは、こっちまでハラハラできて、

ギャグシーンは爆笑できて

締めは戦闘で熱くなれる

 

この夏ぴったりの熱くなれる映画かな?と思います。

 

ただ、細かいところを考えると、ちょっとツッコミを入れたくなる。

 

 

スポンサーリンク

 

大まかのことを言ってしまえば、中盤は

カジノに負けてゾロが捕まったので金集めて助けようっていうことなんですが…

 

なんでカジノに負けたのか、って言うと

いろんなゲームに勝ち続ける麦わら一味に、

ハイリスクのワンランク上のVIPルームへ行きましょうと誘われて、

ルフィーが全チップ賭けちゃうんですよね。

で、周りもハラハラするけど、ルフィーの強運に賭けて見守ってしまう

ロビンが気付いたけど、もう遅い(ところでロビンかわいいよね!!!←)

 

 

煽られたとか売り言葉に買い言葉じゃなくて、自分から全部賭けて行くスタンス。

で、ラキラキの実で運吸い取られて、負けてしまう訳です。

 

で、インチキ発覚のおかげでそんないかさまのゲームで金額払わねーよ!!

ってなって、戦ってる時に、ゾロが捕まっちゃって、明日までにかね準備しないと処刑ですってなるんですけど…

 

これは…自業自得ではないか…と。

ここで勝てば確かに一攫千金ですけど、負けたら一文無し

で、チップを貸すとき、こんなにいいの?と聞くナミに、

バカラはちゃんとチップを貸す時に「お金を返してくれれば」って言ってる訳です。

ってことは負ければ借金って訳ですよ。

一枚でもチップが残ってれば、そこから巻き返しの可能性があったのに…

(まぁ、何かしらのせられて結局破滅しそうだけど)

 

「騙される方が悪い」みたいなことを言う訳ですが、世の中ってそういうもんだよなーと。

 

多分、働いて返しても利子とかいちゃもんつけてどんどん借金追加して、一生奴隷として働かせると思うので、そのやり方は大問題だと思うのですが、

現実でも、お金がなければ何も出来ないし、そのためには働かなきゃ行けないし、借りたもんは返さなきゃ行けないです(法外でない分は)。

カジノで稼ぐのはもちろんいいんだけど、当然負けたら破産のリスクがあって。

そのリスクがあることよりも、一攫千金、もしくはノリだけで全額賭けてしまうのは…やっぱり自業自得だし、テゾーロの言い分も間違ってないのではと(やり方はえぐいけど)

 

まぁ、ルフィーの性格上全額賭けるって言ってしまうのはまぁ仕方が無いですし、

この辺りのことを言い出しちゃうと、物語が何も進展しないので、言うこと自体野暮なんですけどねw

 

そういうことを疑問に思いはしましたが、

でもやっぱりテンションは上がって熱くなれて、ギャグでは笑えますし、

 

どんな現実が見えたとしても、やっぱり黄金の世界って二次元でも見てるだけで目の保養になりますから、自分もカジノに来たみたいで楽しくなりますね!!

あと、ナミがちょっとかっこ良かった!!(お金や騙すと言ったらナミですよね!!!)

 

 

そういうところで見ると、いい映画だったのではと思います!!