読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅみパイ!

アニメにゲーム、声優から、バラエティ、食べ物まで!趣味いっぱい!!趣味全開!!同じ趣味の人は語りましょう!!

進撃の巨人20巻感想!!かけた命はだれ!!!

ということで、進撃の巨人20巻を読ませていただきました!!

 

いやー、今回も面白かったです!!

 

毎月いろんな方がネタバレ感想書いてる中、今更感満載ですが、

そんなこと気にせず書いていきたいと思います

 

感想(ネタバレ注意報)

あーんな緊迫したシーンから始まるのにページめくったらコニーが…

 

「エレンの家ええがあああああああああああああ」

 

にはギャグシーンだってことは理解しているのですが。

この緊迫したテンションの中笑っていいのかすごいと惑いましたw

この間、開幕4〜5ページ

 

このギャグに笑っていいのか戸惑う感じ。

進撃の序盤の頃を思い出しますw

 

そんなギャグをやっている間にも、どんどん空から燃えた家が降ってくる。

ベルトルトさんのテによって。

 

一方サルの方も攻撃を続ける。

石を投げて、どんどんしとめて行く。

 

出来る人たちがどんどんやられていく

 

ついに残ったのは、エルヴィン・リヴァイ・新兵の皆様方。

外も中も打つ手なしで途方に暮れる

 

打つ手がないからエレンと新兵何人か連れて逃げろとエルヴィンに言うリヴァイ

しかし、エルヴィンには策があるらしい。

 

ただし、それには新兵とエルヴィンの命を掛けなければ行けなくて、

エルヴィンは地下室に行く夢を捨てなければいけない。

 

エルヴィンは死にたいと思うことがあっても夢がちらついて、諦めきれないらしい。

そして、エルヴィンの後ろには、今まで死んだ人々の影が…。

 

 

そして話を聞いたリヴァイは、理解した上で、

 

夢を諦めてくれ

 

と言います。

 

そして決意したエルヴィンは新兵に作戦を伝えてサルの巨人に突っ込みます

 

そしてリヴァイ兵長ついにサルの巨人を攻撃して中身がついに!!!!

 

何だろう…この人どこかで…

 

注射とサルを使って、負傷者を巨人化して生き返らせようとするも、

四足の寄行種にサルの中の人を連れて行かれてしまう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

一方、エレン達。

こちらも超巨大巨人を見てアルミンが作戦を思いつきます。

ベルトルトがやせてることから、消耗戦が一番いいと判断。

 

ライナーが起きたことにより、エレンとアルミンがベルトルト

それ以外がライナーに立ち向かいます。

 

しかしこの作戦…成功したらアルミンは外の世界に行けない…

エルヴィン同様、捨て身の作戦か?

 

そして双方作戦開始。

エレンはベルトルトに挑もうとすると中で、壁から落下。

そしてベルトルトに立ち向かうアルミンは熱風にあぶられながら絶えている…

どうやら時間稼ぎをしているらしい…?

 

ベルトルトは観念しないアルミンに対して、熱風の温度を上げる模様。

そしてアルミンは全身火傷…

 

一方ライナー攻撃チーム

作戦通り、口が開かずそれでもやろうとするみかさの元に

 

なんとハンジさんが!!!

ハンジさん生きてたああああああああああああああああああ!!!

よかったあああああああああああああああああああああああああ!!!!

 

そしてミカサが雷槍打ち抜いてミッションコンプリーーーーーーーーート!!

 

そして一方ベルトルト

アルミンをやったと思い、エレンをしとめようとしたところ…

そこにいたエレンは硬化した抜け殻だった…

 

そして本物は…

 

ベルトルトの後ろをとっていた。

 

 

おお、この構図、見覚えがあるぞ!!いや、というよりもなして欲しかった姿だったか

 

 

ついに打ち勝ちました!!

 

あの日の復讐が成し遂げられた(?(まだ死んではないけど))瞬間ですね!!

 

 

しかし…アルミンは火傷で…

 

 

というところで20が終わりです!!

 

とりあえず、ハンジさん生きてたのはよかった!!!!!

 

でも、エルヴィン退場がめちゃくちゃいたい!!!

この世界の人類・調査兵団にとってもそうだけど、夢を叶えられずに…っていうのが…;;

 

そしてアルミン!!!!

真っ黒になっちゃって…よく頑張ったよ…

でも…退場なんて…うわあああああああああああああんん!!!(ノ口 `)

 

まぁ、この後の話は知っているのですが、その後の話はまた21が出た時に。

 

今の状態から何がどうなるのか…気になりますね…

 

 

もうほとんど壊滅状態の調査兵団…大丈夫なんですかね…

めちゃくちゃ心配で気になります。