読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅみパイ!

アニメにゲーム、声優から、バラエティ、食べ物まで!趣味いっぱい!!趣味全開!!同じ趣味の人は語りましょう!!

【映画】事件は現場!!人間とは何か!!【シンゴジラ】

ということで、前回ゴジラに行って来た!!という記事を書いたので

hobbypie.hateblo.jp

深いところの感想を書いていきたいと思います!!!

 

とりあえず、これは映画館で見るべき!!

余裕があるなら4Dがええ!!

 

大人も子供も楽しめる!!

これはですね。もう年代とか関係ないですね

大人も子供も、今まで知ってる人も、知らない人も。

エヴァを知ってる人も知らない人も!!!←笑

もうだれでも楽しめます!!

ただ、政治のシーンが多めで、小難しい話が序盤多いので、

その辺りが子供は分かりにくいかもしれないです。

 

 

ゴジラ上陸で分かる日本の政治

その最初の政府の会議なんですが…

それを見て私は思いました。

 

あぁ、分かるwこれが日本だw

と思いながらニヤニヤしてました。

ヤバいことに気がつくまでは、なんか総理大臣にごますってる人いたり、責任取りたがらなくて、会議会議の繰り返し

ヤバいって気がついてる人たちの話聞いてなかったり、

「上陸しない」って言った後に上陸して「しないって言ったじゃん!!」怒ったり。(直ちに影響はないを思い出した。)

 

 

そうなんですよね、

 

敵が現れた!!やべえ、自衛隊呼んで駆除してくれ!!!

 

って言うことが出来ないんですよね。

 

敵が出て来た!!あれは何?どうする?とりあえず会議しないと!!!

これはこうだ!こうしよう、いやそれには法律が…総理のGOサインが!!

 

って感じで、法律ガー、ってかんじでもたついて、

最初は後手後手の対策で何も出来ずに終わりました。

 

まぁ、出来たところで、性質上多分勝てないんでしょうけど。

 

これ見ながら思ったのは

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!!!」

ですねw

 

いや、ホントだよな〜とおもって。

現場が一番何が起きてるか分かるから、どうすればいいか動かなきゃとか

そういうのが先攻出来るんです。

でも会議会議でなかなか現場に指示が行かない。何時まで会議してんねん!!

勝手に動けばええやん!!!

 

とは思いますが…如何せん、上の指示がないと動けない。

って言うのは批判とか命令違反の処罰とか言う話ではなく。

こういう非常時だからこそ、上の指示なしで勝手に動くと、被害がよけい広がっちゃうんですよね。(上がミスったら終わりだけど。)

 

だからこそ方針を決めるための会議だって分かる。

分かるんですけど…

まあ…そんなことしてたら…対策は遅れる訳で…

でも法律を無視していいかというと難しくて…

 

人生って…難しいね。(私は考えることを放棄した)

 

総理大臣

面白かったところが

「え、動くの?」「えぇ。生物ですから」

とか

「え、今決めるの?」「聞いてないよ…」

 

っていうちょっととぼけたやり取りが面白かったですw

でも、多分これギャグとかとぼけてるとかじゃなくて、本気なんですよね。

なんか大変なこと起きたのに、動いたら、以外とこんな反応かもしれないし。

自分じゃ決められなくて重すぎるとかわかるんですけど。

でも、頼りないなーという大臣でも、大事な国のトップで…いなきゃ…困るんですよ…

 

スポンサーリンク

 

 

 

ゴジラこええ・・・!!

私の知ってるゴジラって、黒い恐竜(?)みたいな感じだったのですが、

なんか最初に出て来たシーン四足で動き方キモいし

なんか真っ赤な血がどっかどっか落ちてるし…

歩くたびに家は壊れるし(当たり前)船とか車とか大変なことになるし。

もうこわいよおおおお。

そこがすごいんですけど。

 

で、途中2足歩行して、あ、知ってるこれ。

って思った後に、また4足になって建物どんどん壊して行く。

 

しかも帰って来たゴジラ大きさ2倍とかヤバすぎwビーム出すしw

攻撃効かないし…

 

なんかもう勝てるのかハッラハラしました…

 

放射物質

私今日見るまで知らなかったんですけど、

ゴジラって、放射能を出す(?)って設定なんですね。

もちろん今回もそうなんですが、結構今の日本でデリケートな問題を

惜しみなくどんどん組み込んで行くんだな〜…と思いながら見てました。

東日本大震災を思い出すなぁ…

でもまぁ。どのみち見て見ぬ振りが出来る問題ではないですからね…

作品になってどんどんこういうの書かれるのはいいと思います。

 

 

人間の狂気

まずこの映画みて怖いと思ったのは、

まず、水が蒸発して、トンネルが崩れたとき。

この時はマニュアルにある対策がとれたんでしょうね。

死者はなく(たしか)安全に逃げられる描写がありました。

この逃げるとき、Twitterとかニコ動っぽいのが出て来て

ツイートしてたり写真撮ったりしてて、若者達もあまり逃げる時に怖いとかじゃなくてなんかおもしろがっちゃってるんですよね。

見ながらえー…それどころじゃないでしょう…

って思ったんですけど。

 

これって、今リアルの日本の若者だなって思って。

仮に同じことが現実に起こったとしても、同じことすると思うんですよ。

 

でもここまではまだいいです。

 

問題はゴジラが上陸した後。

もちろん、ゴジラが後ろに迫っていて、逃げまとう人々は逃げるのに必死です。

でも、ゴジラは見えるけど微妙に安全圏にいる人たち…

 

やっぱり写真撮ってるんですよ!!!!!

 

それどころじゃ(r

 

あー…でもこれが現代だな…なんとリアリティーのある…

 

そして、もう一つ。

現場ではなく会議室の方。

こっちもリアリティーがある。

日本だけではついに間に合わず、最初にゴジラが来て帰った後、

他の国々からもやってくる。

で、外国からの圧力とか、情報統制とかで情報が回らなかったり、サンプル持ってかれたり、

外交的なやり取りとか、その後の支援のこと考えたりとか。

そこに秘密裏に来てる御偉いさんがいたり、もう核しかない!といったり。

ムリな方法を使うしかないと言ったり。

多分もっと現実はシビアなんでしょうけど。

なんか分かる気がする描写も多かった気がします。

劇中でも言ってましたが、ゴジラよりも人間の方が怖いというか、敵と言うことなんでしょうかね…

 

 

 

まだ書きたいことはいっぱいありますが、

今回はこんなところで。

 

しかし、もう一回見たいな…今度は4Dで見たい!!!