読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅみパイ!

アニメにゲーム、声優から、バラエティ、食べ物まで!趣味いっぱい!!趣味全開!!同じ趣味の人は語りましょう!!

【AD-LIVE】 面白さに優劣などない!!それぞれの内容と魅力紹介!! 【2014・2015】

2015 2014 舞台 AD-LIVE

来月始まるAD-LIVE楽しみですね!!!

 

ついにひと月切りました!!!全公演6回!!!

私は今回、森久保&小野賢章ペアが当たったので、生のお二人をとっても楽しみにしていますが、

もちろん他の回もライブビューイングをみようとおもってます!!!楽しみ!!!><

 

ということで、今回は 

 

AD-LIVEについて熱く語ります!!!

 

 

私、新参者ではありますが、AD-LIVEは

 

2014をDVDで、

2015は全部ライビュで見た後、DVDをすべて購入してます!!

 

現在「ついにスケジュールがあいました2012(違ってたらごめんなさい)」も購入検討中です!!

っていうか、AD-LIVE系全部欲しい。

 

そんな中、たまに「どれが一番面白いの?」という質問が見受けられます。

 

一言で言いましょう。

 

す べ て 面白いです。

 

もちろん、面白いの種類は、出演者によって変わります。

しかし、それに優劣が付けられる物ではありません!!!!

 

とはいえ、やっぱり立ち上げからの順序というのがありますから、

最初から見た方がいいにはいいでしょう。

 

でも時間系列とか全く関係ないのでどこから見ても面白いです!!

何なら単品で見ても何も問題ありません!!!

 

AD-LIVEとは?

大きな物語背景のみが決められており、

それ以外のキャラクター設定、セリフは何も定められておらず。

キャラクターは出演者が考え、セリフはその場で紡がれる。

そこにある道具は何を使ってもよし!!むしろ使えない物はない!!!

まさにアドリブの舞台です!!!!

 

 

2014と2015のざっくりとした内容

 

とはいえ、試しに買うにも比較材料がいるかなと思ったので

それぞれの総評を書いていきたいと思います。

 

2014

内容

今日は大事な特別の日どこかへ向かう途中、事故を起こして、近くにあった洋館に電話を借りにくる。

そして、別の場所で同じく事故を起こした人物が洋館にやって来て、出会う二人。

そしてそこで紡がれる物語… 

 

さて、この「特別な日」というのが何の日なのかはネタバレになるので言いませんが、

これが重要キーワードになって来て、これがこの物語の軸になってますね。

 

で、この舞台なんですが、決められているのは「電話が鳴る」「停電になる」など物理的な物だけなので、自由度の高い物だったんじゃないかな?と思ってます。

 

それ故に、展開が役者さんに委ねられているというか、自由度が高くてどの回も楽しく見ることが出来ました!!

 

出演者(敬称省略)、DVDナンバリング
  1. 櫻井VS森久保
  2. 岩田VS小野大輔
  3. 鈴村VS宮野
  4. 鈴村VS梶
  5. 鈴村VS福山潤

 

スポンサーリンク

 

 

2015

内容

「友達ファクトリー」そこは、友達が欲しい人が登録をして、会社でマッチングした相手を引き合わせ、社員「最上さん」に導かれ、プログラムを進めて行きながら60分で生涯の友を作ろうというストーリーなのだが…?

 

この回は、言うまでもなくキーワードが「友達」なのですが

まぁ、それ足かせなのかヒントなのか、それぞれいろんなキャラクターを考えていらっしゃってとても面白いです!!

で、この回の特徴は、もう言うまでもなく、女性キャストがいるというところですよね!!

 

で、今まで男性のみでやって来た舞台なので、女性ってどうなんだろう…と思われる方もいるかもしれません。

でも、この回の女性キャスト、釘宮さん名塚さんはもう女性ならではの武器を使いまくって、男性陣に負けない…というと語弊があるのですが、

男性陣とは違う別のベクトルの面白さがあって、その強さは男性陣の面白さと同じ強さの面白さです!!

 

何がいいたいかというと、

女性キャストのをまだ見てない人は、見ないと損です!!!!

 

そして、舞台の自由度なのですが、

2014…いや、多分話を聞く限り、今までの舞台の中でも一番骨組みがしっかりしてて、

ストーリーの流れ方も決まっていて、「最上さん」という進行役があったことから、自由度は逆に少なかったんじゃないかな?という感じがしました。

本当に、こういう会社があったら毎日こんな感じなんだろうな…という感じ。

というのも、初めてやる人が多かったので、やりやすいようにということなんだろうな〜というのは思いました。

でも自由度がなくても面白いですし、出演者の紡ぐ物語の面白さに代わりなし!!

どんな形からでもいいので、是非見てみて欲しい一品です!!

 

 

出演者(敬称省略)、DVDナンバリング
  1. 鈴村 VS 櫻井VS津田
  2. 鈴村 VS 小野賢章VS釘宮
  3. 鈴村 VS 梶 VS 名塚
  4. 鈴村 VS  谷山 VS 岡本
  5. 鈴村 VS 岩田 VS 福山
  6. 鈴村 VS 福山 VS 下野

 

 

両方を者た物としての意見

どっちも全部の講演を何かしらの形で見たのですが 

本当に2014は物理的なきっかけしかなかったのに対し、

2015は、これの次はこのプログラム、でこのセリフっていうのがしっかりあったので。

 

簡単に言ってしまえば、2014が「この人たちが洋館に来るとこうなるのかw」という洋館を覗いてる感じが、

2015だと、「あー、今日のお客さんはこの人かwぽいわw」っていう社員(最上さん)目線になるという。

どっちも別のベクトルで楽しむことが出来ます!!

なので、どっちが…というよりは、どっちも楽しめるので、

気になる方は全部見てみてはいかがでしょうか!?