オタ芸クオリティーの高さと、わたしの思う問題点

f:id:onigahi:20170502184751p:plain

アイドルの路上ライブなどでも最近よく見かけるオタ芸

 

皆様はどう思われますか?

 

好きな方、嫌いな方、すごいと思う方、興味がないという方、様々だと思います。

 

最近クオリティーが上がってきて、一般にも知れ渡ってきていると思うのですが

 

ちょっと最近、こんなニュースが話題を呼んでますね。

headlines.yahoo.co.jp

ということで、今回は私が思うオタ芸について書かせていただきたいと思います。

 

オタ芸のクオリティー、そして熱さ!!

f:id:onigahi:20170502190009p:plain

 

 

 

最近街を歩いていて、たまたまアイドルの路上ライブをちらっと見かけて少し見たのですが、

 

すごいクオリティーが高いんです!!

 

ちょっと映像が引っ張ってこれなくて、文字だけでの説明になるんですけど。

 

サイリウムを持ってジャンプしたり声張ったり、時には腕を降って激しい動き。

そして周りとの連携感。しかも1パターンだけでなく何パターンもあるんですよ。

一体感があってすごかったです!

 

そんなオタ芸もいろんなコンサートでやっている方がいるみたいですね〜

 

アイドルの子たちの間でももうお馴染みになっているようで、

とあるテレビ番組の大会ででアイドルの子たちのパフォーマンスを競うのがあって、

その中にファンのオタ芸がすごいということで、自分たちのパフォーマンスに取り入れているグループもありました!

 

そのくらいアイドルのコンサートでは欠かせないもので

何よりオタ芸やってる時のあの声の張りは、ライブを盛り上げる要素だと思います。

 

 

私もそれを見たときは少し感動しましたし、楽しそうだなと思いました!

 

 

 

スポンサーリンク

 

一方気になる点

 

オタ芸を見てすごいなと思う反面。

 

路上ライブを見た時にどうなんだろうと思ったことが一つだけあるので書かせていただきたいと思います。

 

 

 

路上ライブで、アイドルの子たちはパフォーマンスを全力でやっていました。

撮影に制限はなかったので、見ているお客さんの中には撮影している方もいらっしゃいました。

海外の方の観客の方も多かったです。

 

そんな観客の皆さんは、もちろんアイドルの子たちのパフォーマンスを見に来たので、

アイドルの子たちを撮影していたんですよ。

 

でも、観客の中にはオタ芸をする熱狂的ファンの方達も多数いらっしゃいました。

 

もちろん彼らは楽しんでいるようですし、オタ芸をすることでライブを盛り上げようとしているのです(多分)

 

しかし、その声の大きさで、アイドルの子たちの歌が聞こえにくく、

あまりのクオリティーの高さに撮影していた人たち(特に外国の方)は

いつのまにかアイドルの子たちよりもそのオタ芸をしている人たちを撮影するように

 

客の視線もほとんどがアイドル<オタ芸になってしまったのです。

 

 

 

オタ芸は確かにすごいし、クオリティーは高い。

場合によってはカッコよく見えるものもあります。

 

でもちょっとその時のアイドルの子たちの立場になって考えると、ちょっと悲しいと思うんです。

 

アイドルの子たちは、まだ駆け出しでこれから人気を得るために頑張ろうとしているところです。

そのために今まで血の滲むような努力をしてステージに挑んだはずです。

 

そこで精一杯のパフォーマンスをしたのに、客の視線は自分ではなく熱狂的なファンがやっているオタ芸に行っているのです。

 

もちろん客がいないよりはましですし、盛り上げていることに間違いはないでしょう。

 

なんども言いますが、最近のオタ芸は本当にクオリティーが高いと思いますし。

ないならないでそれは寂しいと思うので、オタ芸をやめろなんていうつもりはこれっぽっちもないのです。

 

でもアイドルの子よりも目立って視線を集めてしまうオタ芸。

どうなんでしょうね…

 

ただ、否定するつもりは全くありません

 

誤解されないように言いたいと思うのですが、

 

本当に私はオタ芸を否定するつもりはありませんし、盛り上げるためには必要なことだとも思います。

 

楽しみ方は人それぞれだと思います。

 

ただ、アイドルのパフォーマンスより目立ってしまう場合や、他のお客様に聞こえない現状に疑問は思います。

 

とはいえ、大声じゃないオタ芸はオタ芸じゃないですし…

 

これは本当に難しい問題だと思います。

 

ほんと無くなるのは惜しいと思うし望んではないんですけどね…

 

この煮え切らない気持ち。