google-site-verification=FjE918gdQZP7tcA65j1vuaWH5rFxdtyyMxiAj8LWYZk

【13名に加えて】芸人の闇営業問題、何が問題なの?そもそも闇営業って何?個人的にまとめてみた【スリムクラブも!?】

今月頭頃に、闇営業問題で入江さんが解雇されてから、というもの騒ぎはどんどん広がり、続報に続報を重ね、

 

今週雨上がり決死隊の宮迫さんロンドンブーツ1号2号田村亮さんをはじめとした13名が無期限の謹慎処分、

 

そして昨日27日にはスリムクラブの闇営業も発覚して、謹慎処分となりました。

 

人気芸人さんや、最近人気が出てきてこれからだ!って芸人さん、おそらく今闇営業でもしないと稼ぐことができない芸人さんなんかもいて、なんとも言えない気分ですね。

 

好きな芸人さんもいたので、本当にショックですが…そんなことも言ってられませんね。

昨日もオールナイトニッポンで岡村さんが言ってました。

「あかんもんはあかんねん」って。

全てはこれに尽きると思います。

 

それで今回は、問題の発端、ニュースで取り上げられてる問題、そもそも闇営業とはなんなのか、個人的な意見を述べていきたいと思います。

 

 

[:目次]

 

闇営業問題発覚

このことを記事に取り上げるのはだいぶ遅いので、細かいことはそちらに任せて、簡単にまとめます。

 

まず、上にも書きましたが、今月6日入江さんが闇営業で反社会組織のパーティーに参加していることが発覚しました、

そして同時に雨上がり決死隊の宮迫さん、ロンドンブーツ1号2号田村亮さんをはじめとした11人の芸人も一緒に参加していたとして厳重注意を受けました。(この前後くらいに、SNSでそのパーティーの様子の動画がUPされていて、アメトーークへ招待すると約束していました。)

 

この時、入江さんを除く11名は「反社会組織であることは知らなかった、金銭も受け取っていない」と発言しました。この発言にも物議を醸されましたね。

 

その後、テレビ局も収録分はと思ったのか、流石にそれをするのは間に合わなかったからなのか、編集せずにそのまま放送しますが、スポンサーが離れてるのではないかと話がネットに流れるほど、世間はおおごとに発展していきました。

 

その結果、再度ヒアリングが行われたのか「反社会的組織であることは知らなかった」という主張はそのままでしたが「金銭を受け取っていた」という事実が発覚し、事前に報道されていた芸人11名と、事務所は別ですが新たに発覚したザブングルの2名合計13名を謹慎処分としました。

 

そして昨日スリムクラブの闇営業も発覚し、この二人も謹慎処分となりました。

 

彼らの出演番組は、放送では編集・カットして放送され流などの対応などが取られています。

アメトーークは本人全カットでしたね。

昨日(というか今日)アメトーークの感想かこちらから

 

hobbypie.hateblo.jp

 

 そもそも闇営業ってなんなの?

闇営業ってよくとりだたされてるけど、あれってなんなの?

反社会的組織と絡んでいることを闇営業というの?

よく芸人さんが闇営業って言ってるのは、そういう意味なの?

 

 

という疑問を浮かべる人もいるかと思います。

 

私も今回の件で改めて疑問に思い調べてみたのですが、他の芸人さんがテレビで言っておりますが「闇営業」というのはいわゆる「直営業」のことで、

直営業というのは、事務所を通さないで個人で仕事を受けて事務所に報告をしないことを言います。

 

芸人なので、彼らは今までノリ・冗談で闇営業と言ってきましたが、芸人さんの意見を尊重すると本来闇営業というものは存在しないそうです。

 

しかしながら闇営業ということをタイトルとして取り上げられてしまったことで、勘違いが起きたり、事務所通せばよかったのに…と思う一般の方が多いとか。

 

そもそも何が問題なのか

 

さて、結局のところ、闇だろうが直だろうが、事務所を通さなかったのが悪いのではという意見が多いです。

もちろんその問題もあるでしょうが、そこだけではありません。

 

一つずつ説明していきましょう。

 

「まず大前提として、彼らは知らなかったとはいえ、反社会的勢力のパーティーに参加して芸を披露し、お金を受け取った。

 

 

この事実そのものが許されるべきことではありません。

「闇営業」という言葉のイメージで勘違いしている方もいるかもしれませんが、

反社会的組織に関係したことは闇だから直だからとか関係ありません。

 

じゃぁ、なぜ彼らがそんな営業を知らず知らずにしてしまったのか、それは入江さんの5000の友達という人脈で当時個人的に引き受けたということ。

 

それがどういうことかというと、本来であれば事務所が依頼主が信用できるかどうか調べるので、 事務所を通せばリスクを減らすことができるのですが、直だとその辺りがおそろかになっておりますし、もし入江さんの友人の中に反社会勢力の関係者の友人が紛れていたりしたら友達だからということでちょっと出てしまうなんてこともあります。

 

だから、直営業はリスクがあるということになるんですね。

 

ただ、若手だったり人気が降下した芸人さんだと生活費を稼ぐために直の営業をしなければいけないという状況を考えると…直の営業はやらざるを得ないのかもしれませんが、それでも反社会勢力のパーティーはダメですよね…なんの言い訳にもなりません。

 

あと他にあるのは脱税ですよね…確定申告はどうしたのか…

 

そして、まずかったのは対応ですよね。

みなさん言ってますが、まず嘘をついたのがいけなかった、

そして本当のことを言った上で、SNSで謝罪ではなく、記者会見をするべきだった。

 

もっというとそのお金を返すべきだった。

 

これができてたらまた変わったのかな…と思いますね。

 

復帰はあり得るの?個人的見解

さて、彼らの復帰ですが…

個人的に、視聴者・テレビ局は仮に許したとしても、スポンサーが許すことはないし、許してはいけないな、と今回の話で思いましたね。

 

事実関係はわかりかねますが、事件発覚後も謹慎までアメトーークが宮迫さんが映った状態をそのまま放送したことで、CMがACジャパンだらけだ!という話でネットは盛り上がっています。

 

とても楽しいですが、当然のことですし、そうであるべきなんです。

 

仮に、今回のことを許したとしましょう。

そして当然これだけ闇営業で話題になっていれば、当人たちの番組はどんなものなんだろうと、興味本位で番組を見るでしょう。

そして、そうなれば必然的に視聴率が上がります。

 

もしここで、人気があるじゃないか、儲かるなら別にどんなことしててもいいじゃないか、ということで今まで通りスポンサーが離れなけれな、彼らの行動、つまり反社会勢力を容認することになります。

 

これを容認してしまえば、他の人間も「あ、いいんだ」となってやってしまう可能性がぬぐいきれません。

 

私は好きな芸人さんが15名の中にいますし、できるなら活動し続けて欲しいです。

 

でも、許されてお金をもらって、容認していい案件ではないのです。

個人の問題ですむ問題ではありません。

 

だからこそ、今回は厳しくするべきだとおもます。

 

 

闇営業問題は今後はどうなる?個人的予測

 

正直わかりません、もしかしたらこのまま落ち着くかもしれません。

しかし闇営業は今ホットな話題、フライデーなり文春なり、その他週刊誌は続報を探す可能性、旨味を覚えたどこかの組織が、リークするかもしれません。

 

今までの芸人さんの闇営業行ってるという冗談のやりとりがどこまで本当でどこまで嘘かはわかりませんが、その辺りや続報でスリムクラブが新たに闇営業情報が出たということは…15人以上いる可能性があるんじゃないかなと思ってます。

 

私の思い過ごしであって欲しいですが。

 

これを機会にその辺りをクリーンにして、ただ今回の問題で、反社会勢力はやばいんだ、直営業にはリスクがあるんだ、ということを新たに心に刻んで

会社はコンプライアンスの問題を色々考え直すべきだとは思います。

 

 

 スポンサーリンク