google-site-verification=FjE918gdQZP7tcA65j1vuaWH5rFxdtyyMxiAj8LWYZk

【水曜日のダウンタウン】解散ドッキリからの仲直り?催眠術でなるか?泣かないで師匠【おぼんこぼん】

いつかやった、水曜日の解散ドッキリでえらいことになって話題を呼んだ「おぼん・こぼん」の師匠方

 

ナイツ塙さん曰く仲が良い悪いを繰り返し、悪いーーーー!!っていうのが今の状況だそうです。

 

そんなお二人を催眠術を使えば仲直りさせられるんじゃないか…というか催眠術でも使わなきゃ仲直りならないんじゃないか!?

ということで今回の企画です。

 

果たして、催眠術はかかるのか!?

 

 

 

おぼんこぼん師匠、おしぼり事件(?)のきっかけをおさらい

アレをおしぼり事件と言っていいのかどうかはわかりませんが、おぼん師匠の紹介の時「おしぼり」と言っていたので、とりあえず。

8年間会話0状況のこのコンビに解散ドッキリをするため、

おぼん師匠に仕掛け人になっていただき、まずは話し合いがされたのですが

よほどのことがあったのか、解散ドッキリどころではなく、喧嘩状態に。

その空気の悪さは立会人のマネージャーがその場を離れるほど。

ナイツも流石にやばいと思ったその頃、こぼん師匠の方が先に解散を言い出してしまうという立場が逆転してしまう。

これはやばいとナイツが慌てて師匠方の部屋に乗り込みドッキリである旨を伝えますが…

「なんやこれ」「シャレになるドッキリとならんドッキリがある」と言っておしぼりをナイツにぶつけます。

 

危うく解散になるところだったのですが、必死な説得で解散は免れたそうです。

 

この後の反響ネット、番組の反響

視聴者にもよほどの衝撃を与えたのか、ネットでは話題になり、

松本さんも、よほど衝撃を受けたのか、あっちこっちの番組でこの番組の企画を思い出させるような場面でおぼんこぼんさんの名前を出していました。

しかも周りの反応もすぐにピンと来ていたことから、業界でもよほど話題になったのかと思われます。

 

そしてこの企画…いやもはや事件でしょう。

がいかに衝撃的だったかは、アメトーークのバラエティーを語る回でも出てくるほどでした。

バラエティー番組を語るということで、水曜日のダウンタウンが取り上げられましたが、その時にこのおぼんこぼん師匠の話が取り上げられ、本当に反響がすごかったんだな…なんかまたやるんじゃないかな〜と個人的に思っておりました。

 

催眠術で仲直りさせよう!

こんな感じで視聴者からも業界からも、出演者からも反響が大きかったおぼんこぼん師匠。

その反響があったからか、本当に悪いと思って仲直りさせようと思ったからなのか、

本日の放送でおぼん・こぼんでも催眠術さえかければ仲直りできる説」というものが放送されました。

 

たむらけんじさんがその情報を説明する限り、水曜日のダウンタウンのせいなのか、2人だけで仲直りをするのは不可能な状態なんだとか。

 

それをなんとかしなければ…ということでこうなったのですが…

その話をナイツの二人に持っていくと

「ダメだって本当に( ;´Д`)」

「見たでしょ?一緒に地獄を見たでしょ?(O_O)」

と反対する二人。

 

それでも企画を続行する水曜日のダウンタウンスタッフと嫌がるナイツ。

そして偽企画を作って、おぼん師匠こぼん師匠を別々に呼び出して催眠術をかける方針で行くそうな。

ちなみに歳をとればかかりにくくなる、というということがあるらしく、結構ビビっていたそうです。

 

実際おぼんさんもこぼんさんも催眠術をしたことはあるが、かかったことはないということ。

 

実際催眠術はどうなったかというと、こぼんさんは結構かかり、おぼんさんはかかり具合が微妙という感じでした。

 

 

いざ対面…どうなるか…と息をのんで見守るも…かかりの弱かったおぼんさんが対面直後あまりよろしくない感情を口にします。

しばらくは催眠にかかっていましたがこぼんさんの方も覚めてしまい、催眠術師の怒ってますか?という質問に怒ってると答え、制止も聞かず退室してしまいます。

 

ナイツもやばいと思って、こぼん師匠を追いかけますが、

「まじであかんで」と切れた上で

「だんだんダメになっていく…」「尚更もう…」と呟きます。

前回の収録後、解散をなんとか食い止められて、浅草の舞台でも大爆笑を取ることができたという情報はありましたが、やはりあのカメラの前で怒ったこぼん師匠の気持ちは本当だったのでしょうか…テレビだからと笑って許せるレベルではなかったようです。

 

もしかしたらテレビの反響が思いの外あったことで、もう水に流したのではないかと思っていましたが…人間そんな簡単じゃないんでしょうね、どんなに反響があろうと関係がないようです。

実際にこぼん師匠はナイツに「そんなもん高くてもしょうがない」と言って帰ってしまいました。

 

一方おぼん師匠「なんで素直にならへんのやろ、一言謝ってくれればええのに…」「腹たつ」といって

「くそーっ!!」と言って泣き出してしまいました。

 

色々な思いがあったのでしょう、浅草で若い子に仲良くしてくださいと声かけられたしたそうですが、前回の放送された回はおぼん師匠は見ることができていないそうです。

おぼん師匠は、自分たちのために色々やってくれてるのに申し訳ないという気持ちでいっぱいのようです。

 

そんな時にドッキリのプレートと主に気まずそう…というか泣いてるのに少しびっくりした様子もあったのかな?

申し訳なさそうにおぼん師匠に近くナイツ。

なんとか泣きながらも「ドッキリかい」と返事し心が緩めばと思って…という言葉には「気持ちだけでありがたい」というおぼん師匠

 

そこへ、

ダウンタウンさんがやってる番組なんですけど…」と神妙な面持ちで番組とダウンタウンを売っていく塙さん。

本人はただの番組や企画の説明のつもりだったのでしょうが、ダウンタウンのお二人はたまったもんじゃないのか「いうな!」とツッコミ。おぼん師匠もテレビ見てないと言いながら、前回のこぼん師匠のおしぼりを投げたアレを真似するお茶目な一面も見られました

「前回で終わるか、もう一回やるかって話になった時に松本さんがやっぱもう一回やった方がいいんちゃうかっておっしゃって」

という塙さんが松本さんの名前をバンバン出していく様子には「コイツ…!(´Д` )」と松本さん

 

優しいやないかと言っていたおぼん師匠は最後に「松本人志か…」と呟いたので、松本さんヒヤヒヤものでしょうね、企画に関係ないのにw

 

そして結論には「松本が望むならもう一丁」と表示されました。

 

 

もう一丁はある?

コメントでは、ここまで頑固だったら仲直りした時の絆は強いと松本さんが言いますが、井戸田さんが「ってことはもう一丁ってことになりますよ」と言います。

松本さんは仲悪くてもかまへんけどと言って終わります。

 

個人的には仲直りをして欲しいところではありますが、すごく微妙ですね。

 

水曜日のダウンタウン的にはもう一回あってもいい、というか、この手の続編はスタッフも結構乗り気な気がします。松本さんもしょっちゅうおぼんこぼんさんの名前を出してたあたり好きそうだし。

 

ただ、今回の見てこれ以上触ると本当に解散しかねない、取り返しのつかないところまで行ってしまうようなきもしなくはありません。

しかもこの一筋縄にいかない企画だらけの水曜日のダウンタウン、仲直り企画も斜め上のものが来そうです。

 

ただ、ここまでやった以上水曜日のダウンタウンにはなんか企画をやって欲しいですし、そもそも悪かったなかをさらに仲悪くさせてしまったのもまた水曜日のダウンタウンなので、ある意味義務ではあるような気がします。

でも、何はともあれ、仲直りはして欲しいですね。

 

 

 スポンサーリンク