google-site-verification=FjE918gdQZP7tcA65j1vuaWH5rFxdtyyMxiAj8LWYZk

【名探偵ピカチュウ】笑えて感動するアクションミステリー映画!【ハリウッド!】

タイトルに書いたジャンルであってるかどうかはちょっと自信ないですがw

 

原作は3Dゲームの「名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~」みたいですね。

ポケモンがハリウッドで制作される時が来るなんて、感極まりないですね!

 

どんな感じになるのかなと、ちょっと気になって早速見てまいりました

時々クスッと笑えてコミカルな部分もありますが、

アクションあり、推理あり、感動あり

そしてアニメやゲームのあの世界観も残っていて見事に描かれていて、

ポケモンの可愛らしさ、かっこよさが見ることができ、すばらしかったです。

 

またミューツーが出てきたことでミューツーの逆襲を思い出しました。

ミューツーがらみの話はやっぱり泣けますね。

 

ということで、具体的なあらすじと感想を述べていきたいと思います。

 

 

 

あらすじ

ポケモンをパートナーに持たないティムは、ある日父が事故あったという知らせを受けライムシティーの警察に向かいます。

何年も父に会っていなかったティムは関係ないと言って父の部屋に入ってしばらく部屋を散策すると父のパートナーであった喋るピカチュウと出会う。

ピカチュウは記憶喪失で、ティムの父親に会うためにここまできて、ティムが父親の悲報を話しても、それを信じず、父の事故の真相を探ることになる

 

 

感想

全体の世界観は、ポケモンの世界にぴったりですね!

ポケモンの世界観って西洋風なので、実写にするとやっぱり外国人の方が演じられるとしっくりきます。

 

最初のカラカラを捕まえようとするときに、余計な一言を言って怒らせて追いかけられるシーンは可愛くて笑ってしまいましたw

しかもその様子がラストにまさか聞いてきて、笑ってはいけないシーンなのに笑ってしまいました。

 

そのあと父のことを聞きライムシティーに行くのですが、

このライムシティーでは従来のポケモントレーナーポケモンという関係のない、ポケモンバトルということではなく、人もポケモンも同じように暮らしているという世界観で、ポケモンの世界観もこんなに変わったんだな~と実感しましたね。

 

コダックを見ながら、コダックに手を焼いていたカスミを思い出しました。

後バリアードとのやりとりはめちゃくちゃ面白かったです。

対応できたティムの行動に謎w

 

ティムの父親が事故にあったということから全てが始まり、

その理由はミューツーにありそうだということになるのですが、

これ見たときになるほど、ミューツーの逆襲風のストーリーなのかと、

でもだとしたら何が目的なのだろう?と思いましたが、まさかの結末で驚きました。

この真相については劇場で見ていただきたいと思います。

 

ミュウツーについて語りたいけど、ネタバレになるので我慢。

 

そして、なぜティムだけにピカチュウの声が聞こえるのか?

父親はどこにいるのか?という謎にも注目していただきたいです。

 

なかなか泣ける理由で、最後ホロリときました。

 

まさにアクションとゲームの世界観がマッチした作品だと思います。

お子様も結構見にこられていたので、きになる方はぜひ見に言ってみてみてください!!

 

ちなみに、あのミューツーの逆襲の映画が3Dバージョンで帰ってくるようです!!

7月に公開だそうで、こちらも楽しみですね!!

 スポンサーリンク