【ゴットタン】腐り芸人の今後がただ気になってるだけの記事【セラピー】

さてさて、ものすごく今更ですが。(ずっと書きたかったけどなかなか書く時間が取れなかった)

 

ゴットタンの腐り芸人セラピーが最近気に入っております。

なんか、聞いていて参考になる言い分もあったりするので、毎回楽しみ。

 

ということで、今回はくさり芸人を取り上げてみようと思います!

 

腐り芸人3名をご紹介

 

ハライチ岩井

腐り芸人を開拓したパイオニア

相方澤部とのコンビ格差に妬みも僻みもせず、腐る新ジャンルを生み出す。

最近のお笑いは、お笑いではなく「お笑い風」だと指摘。

 

インパルス板倉

以前は岩井さん同様、コンビ格差に悩まされていたそうですが

現在は相方さんお不祥事が重なったことにより、どんどん闇オーラが深くなっているとか。

 

平成ノブシコブシ徳井

他の二人とは少々毛色が違い、悟りの境地に入っている。

本人は腐ってないと、腐り芸人であることを否定し、売れることを「諦めた」と、第1回のセラピーでは言っている

 

第2回腐り芸人セラピー

第2回腐り芸人セラピー

 

 

 

くさり芸人セラピーとは?

今、時代の帰路に立たされているテレビ業界、

その光と陰の狭間に生み出された怪物、それが腐り芸人

byゴットタン「腐り芸人セラピー」OP、劇団ひとりのセリフより引用

 

と説明されていますね。

 

そもそものはじまりは、ゴットタンのコンビ愛確かめ選手権でハライチが出演した際(うろ覚えなので間違えてたらごめんなさい)

コンビ格差の開きように、岩井さんがすごい目つきをしたことがきっかけに始まり、

 

その後マジ歌ライブにて、最近の芸人はお笑いではなく「お笑い風」だと指摘した「OWA LIAR」を発表、

その後キャラ統一マッチにより、同じ「腐り芸人」としてインパルス板倉、平成ノブシコブシの徳井を呼び込み、以後この3人で若手に対し「腐り芸人セラピー」をゴットタンにて行なっている。

 

というのが現状で、つい最近第3回が放送されましたね。

最近は岩井さんが「やめたほうがいい」とすぐ否定に走り、徳井さんが「やめることはない」と説得し、見たまんまの板挟みにされてる板倉さん。たまにこの二人でやり合いになるところが定番になりつつありますね。

 

 

個人的にはここまで振り切ったなら、味も出てきてると思うのでむしろどんどんテレビに売れていって欲しいな〜というのが正直な感想ですね。

いけると思うんですよ、このジャンル(誰目線)

 

その証拠に、最近板倉さんとかお笑い向上委員会その他でチラチラ見る機会も以前に比べたら増えましたしね。(向上委員会の時の板倉さん面白かった)

いい感じで相方のことも(いいか悪いかはさておき)ネタに使えているみたいですし、ハマる番組ではハマると思うんですよね。

 

スポンサーリンク

 

徳井さんも、以前から分析キャラだったのは存じておりましたし、

アメトーークでキンコン同期芸人の時とか、内村さんの内村てらすで分析してた時は面白かったので、そういう分析コーナーみたいなのでもっと仕事ありそうなのにな〜

と、徳井さんの見事な分析力でテレビのコーナー持てそう、というか見たいんですけどね。

 

そして岩井さんも最近ゴットタンで見るとすごく輝いて見えますが、徳井さんのいうように自分で自分の呪いにかかってるように見える気がしないでもないような。

でもゴットタンでもやってるこのキャラが、もっと他の番組でも見れたらな〜と思い

この3人が今後売れていくよう、応援しております。

 

そして、セラピーを受ける側で気になってるのは鬼越トマホークさん。

喧嘩を仲裁する人をズバッと切っていくあの芸が好きで、もっと見たいのでもっとテレビに出て欲しいな…と結構熱望しております。

他の人でどうなるのかとかすごい気になります。

すごく人気出そうなんですけどね。

 

あとはこの前の3回はダイアンさんとフルーツポンチ村上さんという、若手ではなく中堅が出てきたのも、なんかよかったなーと(逆に中堅のセラピーももっと見たい)

フルーツポンチの村上さんはまさにこの企画、くくりにぴったりな人材だな〜と思った次第です。

 

でも、やっぱりこのジャンルの人はなんか憎めないというか、捨てれないというか。

やっぱ伸びて欲しいですね。

 

腐り芸人に幸あれ。